*

出張マンが考えるbooking.comカードの破壊力とその弱点

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 クレジットカード , ,

私は宿泊を基本的にじゃらん+リクルートカードプラスでポイントを稼いでおります。もっと高還元の物は無いかと常に探していたのですが、 booking.comカードという高還元カードが出たのを確認しました。

出張マンは勿論、日頃宿泊しない観光客にもメリット一杯のカードで、宿泊市場において大きな革命をもたらすカードでは無いかと思います。日頃出張で宿泊している視点から、そのメリットと、考えられるデメリット、booking.comの狙いについて考えてみたいと思います。

booking.comカードとは?

年会費無料、カード利用100円毎に1ポイント還元のカードです。

これだけだと普通のカードですが、booking.comカード専用サイトでbooking.comで宿泊予約をし、現地にてカード支払いをした場合にはプラスで5%ポイント還元されます。

つまり、100円で最大6%という圧倒的な還元率となります。

booking.com自体にポイント制度はありませんが、じゃらんの宿泊2%+リクルートカードプラス2%=4%を凌駕します。

ポイントの使い道ですが、利用料金から自動的に割り引かれるようです。

契約

契約はbooking.comの公式HPから予約が出来ます。運転免許証などの身分証明書、金融機関の通帳があればOKです。通常のカードと変わらず。ポイントサイト経由でポイントがもらえる所は今のところないようです。



booking.comカードのメリット

1.宿泊ヘビーユーザーで無い方にとっても利用価値がある。

通常じゃらん、楽天トラベルなどでは、それぞれpontaポイント、楽天スーパーポイントが付与されます。これらはコンビニなどでも使え利便性は日頃より上がっておりますが、少額ゆえにそれを面倒に思う方、貯まっても使い道が少ない方にとってはメリットがあまりありません。

booking.comカードであれば、利用料金から自動的に割り引かれるため、少ない宿泊でも宿泊と関係ない所で割り引かれるため非常に有効だと思います。

2.宿泊において還元率が非常に高い。

前述の通りですが、宿泊が最大6%というのは圧倒的なポイント還元率で、今後多くの出張マンに利用される事と思います。既に日本国内のbooking.comの日本人宿泊は半分くらい占めているようですし、今後も利用が増えていきそうですね。

3.ビジネスマンも問題なくメリット享受可能

宿泊料金値引きではなく、口座引き落としに対しポイントによる割引が行われます。今後景品表示法強化による金券プラン削減を考えれば良いと思います。

booking.comカードのデメリット

1.現地払いクレジット決裁できない宿泊施設の存在

最初にこのカードを見た時には、「カード使えない所はどうするのだろう?」と思いました。

じゃらんやExpediaなどは、プラン予約時点でクレジットカード決済を行えるため、現地に決済機器がなくても問題ありません。

しかしブッキングドットコムは現地払い限定かつ、当カードは現地クレジットカード決済限定によるポイント付与です。

シティホテル、ビジネスホテルは問題ないと思いますが、ゲストハウスやラブホテル、旅館はクレジットカード決済機器が無く、現金決済のみの施設が少なくありません。これらは予約前に確認する必要がありますね。

2.booking.com自体が国内宿泊に比べ値段が高い傾向にある。

カード自体ではありませんが、一般的にホテル・旅館がネットエージェントに支払う手数料は、海外のエージェントの方が高い傾向にあります。

そのため、じゃらんや楽天トラベルの方がbooking.comより宿泊費用が安く、ポイント還元率が高くとも損をする可能性も否定出来ません。

海外旅行者が多い地域は値段が同じ場合も多いですが、一応確認しておいた方が無難と言えます。トリバゴのような料金比較サイトで検索してみるのも良いかもしれません。




3.ポイント付与が遅く、期限が短い

通常のカードのポイント付与は大体一ヶ月後くらいですが、booking.comカードは3ヶ月後とかなり遅めです。ポイント期限も1年のため、定期的に使わないと失効という可能性もあります。

4.ポイントサイトの活用が(おそらく)出来ない。

じゃらんや楽天に限らず、booking.comで予約する場合には私はハピタスを通して予約しています。これは、当サイトを経由すればネットエージェントとは別にポイントをもらえるという良サイトです。

例えばじゃらんであれば4.8%別途ポイントがもらえます。10,000円であればじゃらんは2%で200円分、ハピタスは4.8%ポイントで480円分、リクルートカードプラスは2.0%で200円分のため、合計880円分のポイントが得られます。サイトを通すだけでポイントがもらえるため、やらなければ非常に損です。

ただし、booking.comの専用サイトを通じ予約したサイトのみ5%付与と明記されているため、ポイントサイトを経由した場合にはハピタスのポイントは得られない可能性が濃厚です。一応この組み合わせだと8.8%ポイントが付与されますから、ポイントだけで見ればネットサイトとポイントサイトでポイントの無いbooking.com側はちょい不利かなと思いますね。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

booking.comの狙い

1.国内需要を狙っていくのでは?

日本国内は長らくじゃらん、楽天トラベルの2強時代がずっと続いていました。これは、国内で多くのネットエージェントが立ち上がってもずっと同じ状態でした。これがずっと続くものと思われていましたが、海外旅行者の急造からExpedia、agoda、booking.comの3社が大きく売上を伸ばしています。

その中でbooking.comがリスティング広告などに力を入れ、日本人向けの日本国内での宿泊を強めています。既にゲストハウスなどの簡易宿泊所の他、ラブホテルなどにも予約が出来るようになってきています。ラブホテルはオリンピック需要などにより今後変化していくでしょうから、早めに取りに行っている感じがしますね。

(この記事を書いている日にちょうど楽天トラベルがラブホテル掲載を発表しました)

今回のクレジットカードは日本国内の、特にビジネスマン向けに作られたカードと言えますし、じゃらんや楽天トラベルのシェアを奪い囲んでいくためのものと考えられます。

2.今後も現地払いに特化?

Expedia、agodaは事前予約カード決済が主流で、ホテルにとってキャンセルによる取りっぱぐれが無いようになっています。反してブッキングドットコムは現地払い専用となっており、気軽に宿泊予約が出来る分、予約数が3社の中で多い状態になっているようです。今回のカードは現地払いによるポイント付与と決まっておりますし、今後も現地払いに特化していくんだろうなと思います。ホテルの方は大変ですね。

総評

カード単体としては非常に使えるカードだと思います。ただそれ以上に、今後の国内宿泊エージェントとして比較したbooking.comの動向と現地カード決済の普及次第かなと思います。今であれば、ビジネスホテルとシティホテル中心の活用と思いますので、出張の多いビジネスマン向けですね。

booking.comは基本的にルームチャージによる精算のため、ゲストハウスやビジネスホテル、ラブホテルなどの食事に影響されない宿泊形態や、大人数の宿泊では非常に使えます。プランも部屋ベースの物のみであるため、迷わず気軽に予約出来るのもポイントです。逆に、旅館は食事付きなどで大きくプランが別れるため使いにくいでしょう。

何れにせよ、宿泊特化で単体で使っていく分には非常に使えるカードだと思います。



関連記事

ビックカメラSUICAカード紛失による再発行手続きの流れについて

先日財布を落として紛失してしまったので、再発行手続きの流れについて記載したいと思います。

記事を読む

三菱UFJデビット発行で4500P+1500円キャッシュバックだからもらっといた話

今日、ふとポイントサイトのハピタスを見てみると、三菱UFJデビットカード発行で4500Pの広告がデカ

記事を読む

JAL CULB ESTのサービス内容変更。メリット・デメリット整理まとめ

JALのHPを見ていると、JAL CULB ESTのサービスが2016年6月に変更になるというお知ら

記事を読む

出張マンのクレジットカード2019

このシリーズは年末には投稿していたのですが、すっかり遅くなってしまいました。 2018年の実感 20

記事を読む

楽天プレミアムカードからSuMi TRUST CLUB リワードカードに変更。内容まとめ

楽天プレミアムカード改悪から、ついに代用カードであるSuMi TRUST CLUB リワードカードを

記事を読む

出張マンのクレジットカード2017

出張マンのクレジットカード2016にから色々カードは検討しましたが、2017年は今のところこれで行こ

記事を読む

出張マンだけでなく、一般の方の普段の支払いもkyashで払った方が圧倒的に良い理由

私は出張で多額のお金を一時支払うため、還元率の高いクレジットカードで払うのが大好きです。 ただ

記事を読む

楽天EDYのANAモバイルプラスの可能性、メリット整理

クレジットカードで出張費をバシバシ支払っていましたが、最近気付いたのが、「楽天EDYって結構良いんじ

記事を読む

LINE PAYカードがモバイルSUICAと相性良好!ポストリクルートカードプラスを狙えるか?

リクルートカードプラスがこれまで還元率2%でシーンを選ばず使える上面倒な操作が無く重宝しておりました

記事を読む

結局リクルートカードは強かった。ポイントの使い勝手やわかりやすさが魅力。

リクルートカードプラスは新規発行を停止し、今後ponta(リクルート)ポイントを貯める場合に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


【宣伝無】【辛口評価】ゴリラクリニックのヒゲ脱毛トライアルを受けた感想

ゴリラクリニックのネット評価をいくつか読んだ感想は、 「宣伝の口コミが

出張マンのクレジットカード2019

このシリーズは年末には投稿していたのですが、すっかり遅くなってしまいま

三菱UFJデビット発行で4500P+1500円キャッシュバックだからもらっといた話

今日、ふとポイントサイトのハピタスを見てみると、三菱UFJデビットカー

【やっと来た】news picksで1ヶ月無料+1ヶ月分キャッシュバックキャンペーン開催

私が基本的にニュースの閲覧元はnews picks(ニュースピックス)

出張マンだけでなく、一般の方の普段の支払いもkyashで払った方が圧倒的に良い理由

私は出張で多額のお金を一時支払うため、還元率の高いクレジットカードで払

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 1月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
Translate »
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
PAGE TOP ↑